株主・投資家の皆様へ

代表取締役社長

村井 泰介

平素は格別のご厚情を賜り、誠にありがたくお礼申し上げます。

当社グループでは、「医療・介護を支える商品やサービスを戦略的に提供することにより、地域・コミュニティのヘルスケアになくてはならない存在となる」ことを長期ビジョンに掲げ、その実現に向けて、主たる事業である医薬品卸売事業における競争力のさらなる強化に加えて、介護分野などへ事業を拡大することで新たな収益の柱を育てるべく事業を展開しております。

医薬品卸売事業においては、営業力の強化策として、がん、認知症、在宅ケアの3つの領域における専門性を高めた営業職(領域別リエゾン)を育成・配置し、医療現場や介護現場の専門的なニーズへの対応力を強化する取組を進めた効果が現われております。また、兵庫物流センター(神戸市)を新築するなど医薬品の物流網の整備を実行しました。

介護分野などの新たな領域への事業拡大については、病院や介護施設への車いすやマットレスのレンタル・洗浄事業など医薬品卸売事業とのシナジーが発揮される事業を推進してまいりました。これらの取組を2019年度からスタートする第4次中期経営計画においても磨きを掛けることで、地域のヘルスケアに貢献していきたいと考えております。

また、当社グループの事業価値増大への取組みとして、コーポレートガバナンスの強化、事業会社の経営効率化を推進するとともに、事業環境の変化に柔軟に対応できる体制を構築することで将来にわたって成長する企業であるため、挑戦し続けて参る所存でございます。

株主、投資家の皆様には、今後とも変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたします。